1. ホーム>
  2. 秀仁会について>
  3. 研究発表

研究発表

当施設では各種研修会へ積極的に参加し、自己の知識・技術を高めると共に、日々の研究の成果を各種学会・発表会にて発表し、また他院の発表を学び、共有することにより、人工透析をはじめとする、地域医療の発展を日々追求しています。

第68回 日本透析医学会学術集会・総会

2023.07.15  川島クリニック

日時・・・2023年6月16日(金)〜6月18日(日)
場所・・・神戸コンベンションセンター

発表演題

『当院維持透析患者の二次性副甲状腺機能亢進症に対するウパシカルセトナトリウム水和物の使用経験』
看護師 小野君代

『血液透析患者のポリファーマシー対策への取り組み』
看護師 星野忠敦

 

『看護師によるエコーを用いたVA管理への取り組み』
看護師 佐川るみ子

 

『内服の腎性貧血治療薬エナロデュスタット錠の使用経験』
看護師 佐川詩織

 

『管理栄養士による慢性維持透析患者の低ALB血症改善介入戦略』
栄養士 及川広美

 

第68回 日本透析医学会学術集会・総会

2023.06.29  さくら水戸クリニック

日時・・・2023年6月16日(金)〜6月18日(日)
場所・・・神戸コンベンションセンター

発表演題

『交通外傷により生じた内シャント瘤破裂の症例』
医師 郡司真誠

『サグビトリルバルサルタン水和物により尿量が増えた一例』
看護師 盒業知子

 

『穿刺トラブルにエコーを用いる有用性』
看護師 大内伊代

 

第67回 日本透析医学会学術集会・総会

2022.07.11  さくら水戸クリニック

日時・・・2022年7月1日(金)〜7月3日(日)
場所・・・パシフィコ横浜

発表演題

『エコー下VAIVTにおけるバルーンの描出と特徴』
検査室 川本響子

第64回 日本透析医学会学術集会・総会

2019.07.10  川島クリニック

日時・・・2019年6月28日(金)〜6月30日(日)
場所・・・パシフィコ横浜

発表演題

『血液透析患者の鉄欠乏性貧血治療に対し静注鉄剤からクエン酸第二鉄水和物錠への選択』
透析室 星野忠敦

『当院維持透析患者の二次性副甲状腺機能亢進症に対する新薬エボカルセト錠の使用経験』

透析室 小野君代

『当院維持透析患者におけるエボカルニチン補充療法の心機能評価の検討』
透析室 小林幸枝

『当院維持透析患者への胆汁酸トランスポータ阻害剤エロビシキバットの使用経験』
透析室 鈴木朋美

『術後の予後不全に皮膚欠損用創傷被覆材(ベスキチン®W-A)の使用を試みた一症例』
病棟 菅野里美

第52回 茨城人工透析談話会

2018.11.08  川島クリニック

日時・・・2018年11月4日(日)
場所・・・つくば国際会議場

発表演題

『当院外来維持透析患者におけるフレイルの現状と介入【第Ⅱ報】』
栄養部 奈良美里

『当院における透析用カテーテル挿入患者の現状と入浴状況調査及び今後の課題』

透析室 佐川るみ子

『当院慢性透析患者の二次性副甲状腺機能亢進症に対する新薬エボカルセト錠の使用経験』

透析室 小野君代

『当院慢性透析患者への胆汁酸トランスポータ阻害剤エロビキシバットの使用経験』

透析室 鈴木朋美

『当院慢性血液透析患者におけるレボカルニチン補充療法の心機能評価の検討』
透析室 小林幸枝

第52回 茨城人工透析談話会

2018.11.05  さくら水戸クリニック

日時・・・2018年11月4日(日)
会場・・・つくば国際会議場

発表演題(口演)・・・3演題

『シャントカルテの見直し 〜VAトラブル・スコアリングシート導入の試み〜』
齊藤由美子(看護師)

『皮下持続グルコース測定器( FGM )の有用性 』
矢野新太郎(臨床工学技士)

『血液透析モニターHD-02の使用経験』
清水章博(臨床工学技士)

発表演題(ポスター)・・・1演題

  『高齢透析患者におけるフレイル予防〜身体活動のメッツ表を用いた栄養指導〜』
本田真弓(管理栄養士)

パーサビブ発売1周年記念公演会in水戸

2018.08.29  さくら水戸クリニック

日時・・・2018年8月28日(火)
場所・・・テラス・ザ・ガーデン水戸

発表演題

『二次性副甲状腺機能亢進症治療の変化
        〜エテルカルセチド使用後1年を経過して〜』

透析室 横須賀郁

第63回 日本透析医学会学術集会・総会

2018.06.29  川島クリニック

日時・・・2018年6月28日(木)〜7月1(日)
場所・・・神戸国際会議場、他

発表演題

『透析用カフ付カテーテルを大腿部に留置した透析患者の4症例』
透析室 西山奈緒美

『当院慢性透析患者の二次性副甲状腺機能亢進症に対するエテルカルセチド塩酸塩の効果』

透析室 小野君代

日立循環器ネットワーク研究会

2018.06.19  川島クリニック

日時・・・2018年6月12日(火)
場所・・・ホテル天地閣

座長

『日立循環器ネットワーク研究会』

川島クリニック 川島玲 院長

第42回茨城県北透析談話会学術講演会

2018.06.07  川島クリニック

日時・・・2018年5月15日(火)
場所・・・ホテルテラスザスクエア日立

発表演題

『あれから7年〜東日本大震災から学んだ事』

診療部長 梶山博司

パーサビブ発売1周年記念講演会 in IBARAKI

2018.03.28  川島クリニック

日時・・・2018年3月27日(火)
場所・・・オークラフロンティアホテルつくば 本館3階「ジュピター」

発表演題

『エテルカルセチド塩酸塩の使用経験〜患者40名から見えたこと〜』

看護師 小野君代

第11回 Vascular Access超音波研究会

2017.12.11  さくら水戸クリニック

日時・・・2017年12月10日(日)
場所・・・ベルサール飯田橋ファースト(東京都文京区) 

発表演題

『シャントエコー検査で見えた課題』

透析センター 藤来智則


詳細は『第11回 Vascular Access超音波研究会』をご参照願います。

集団給食施設研修会

2017.11.01  さくら水戸クリニック

日時・・・2017年10月23日(月)
場所・・・茨城県立健康プラザ

発表演題

『楽しみな食事時間を目指して-フレイル予防ともに歩む栄養改善-』

栄養部 蘇原典子

パーサビブ発売記念講演会in水戸

2017.10.06  さくら水戸クリニック

日時・・・2017年10月5日(木)
場所・・・水戸プラザホテル

発表演題

『二次性副甲状腺機能亢進症治療を取り巻く諸問題と対策』

野口 良輔 副院長

第51回 茨城人工透析談話会

2017.09.21  

日時・・・2017年9月17日(日)
場所・・・つくば国際会議場

発表演題(口演)・・・2演題

『さくら水戸クリニックに於けるリン管理』
野口良輔(医師部門)

『フォーカスチャーティング導入による当院の取り組み〜看護の質向上を目指して〜』
櫻井加奈子(看護師部門)

発表演題(ポスター)・・・1演題

  『透析スタッフの穿刺ストレス軽減の為の試み』
関裕子(看護師部門)

ポスター部門②では、当院の二階堂順子看護師長が座長を担当しました。

第62回 日本透析医学会学術集会・総会

2017.06.30  川島クリニック

日時・・・2017年6月15日(木)〜6月18(日)
場所・・・パシフィコ横浜

発表演題

『クエン酸第二鉄投与により難治性ESA低反応性患者の貧血改善効果をみた一症例』
透析室 星野忠敦

『高リン血症治療剤のクエン酸第二鉄水和物とスクロオキシ水酸化鉄の比較検討』

透析室 大貫園絵

『当院慢性透析患者における骨粗鬆症治療薬デノスマブの長期使用経験 〜第2報〜』

透析室 小野君代

『リドカイン・プロピトカイン配合クリームで穿刺痛はとれるか?!』

透析室 佐川るみ子

『2型糖尿病透析患者におけるデュラグルチドの使用経験』
透析室 落合莉子

『難治性下肢壊疽に皮膚欠損用創傷被覆材(ベスキチンW-A)使用を試みた一症例』
透析室 盒業知子

平成29年度 茨城県北人工透析談話会

2017.06.30  川島クリニック

日時・・・2017年5月11日(木)
場所・・・ホテルテラスザスクエア日立

発表演題

『透析用カフ付きカテーテルを大腿部に長期留置した高齢透析患者の4症例』
透析室 西山奈緒美

第50回 茨城人工透析談話会

2016.11.14  さくら水戸クリニック

日時・・・2016年11月13日(日)
場所・・・つくば国際会議場

発表演題(口演)・・・2演題

『内服管理困難な患者への対応事例』
透析室 横須賀郁

『ニプロ社製透析監視装置ヒートピュア機能の消毒効果』
透析室 矢野新太郎

水戸市医師会学術講演会-下肢動脈疾患-

2016.10.07  さくら水戸クリニック

日時・・・2016年10月6日(木)
場所・・・水戸市医師会 研修講堂

発表演題

『透析患者における下肢の管理について』

透析室 藤来智則

茨城県臨床工学技士会学術集会

2016.06.06  さくら水戸クリニック

日時・・・2016年6月5日(日)
会場・・・水戸済生会総合病院 丹野ホール

発表演題(口演)・・・1演

『当院における透析患者のPAD評価』                                                                                     透析室 藤来智則

このページのトップに戻る